オリゴスキャンについて

  • ●このような方におすすめです

     ・体力や筋力の低下を感じる
     ・元気が出ない疲れが抜けない
     ・イライラする
     ・集中力が続かない
     ・お腹の調子が今一つ
     ・便秘・下痢気味
     ・お肌がカサつく
     ・肌荒れ肌乾燥
     ・食欲がない
     ・口内版がよくできる
     ・骨や歯が心配
     ・もっと健康になりたい
     ・いつまでも健康でいたいなど…etc

  • OligoScantオリゴスキャン

    OligoScan本体で、手のひらの4か所に光をあてる だけで、わずか3分ほどで体内の必須・参考ミネラル21元素と、有害金属15元素が測定できます。

    世界最新鋭の技術

    「OligoScan:体内ミネラル&有害金属検査」では 主に組織中のミネラルを測定しています。世界最 新鋭の特殊なスキャニング技術によって、各ミネ ラルの特有の波長(色)を特定し、定量測定しま す。読み取られたデータは即座にインターネット 経由でルクセンブルクにある開発元データベ に送られ、解析されて約30秒でレポートとなって 戻ってくる画期的なシステムです。毛髪検査のよ うに「過去の状態」では無く、今現在のあなたの 身体の中のミネラル状況が短時間でわかります。

オリゴスキャン検査で測れるミネラルと不足時の初期症状(20種類)

ミネラル 不足時の初期症状 ミネラル 不足時の初期症状
カルシウム(Ca) イライラ、情緒不安定、骨や歯が弱る。
倦怠感、疲労感、筋力
クロム(Cr) 消化不良、代謝不良、糖尿病リスク
マグネシウム(Mg) 集中できない、筋力低下、肌荒れ バナジウム(V) 肥満、脱毛、動脈硬化
リン(P) 低下 ホウ素(B) 関節症、骨量減少
ケイ素(Si) コラーゲンやエラスチン生成 コバルト(CO) 食欲不振、集中力低下、悪性貧血
ナトリウム(Na) 倦怠感、めまい、吐き気、低血圧 モリブデン(Mo) 頭痛、夜盲症、居眠り
カリウム(K) 無気力、不安感、呼吸障害 ヨウ素(O) 肥満、脱毛、肌荒れ、精神発達の遅れ
銅(Cu) 食欲不振、うつ、免疫力低下 リチウム(Li) 頭痛、手足の震え、うつ症状
亜鉛(Zn) 疲れやすい、免疫力低下、肌荒れ ゲルマニウム(Ge) 疲労、食欲不振
鉄(Fe) 倦怠感、めまい、口内炎 セレン(Se) 免疫力低下、成長障害、抗酸化力
マンガン(Mn) 運動機能低下、肌荒れ、性機能低下 硫黄(S) 皮膚炎、肌荒れ、脱毛

オリゴスキャン検査で測れる有害金属と主な毒性・侵入経路(14種類)

有害金属 主な毒性 主な侵入経路 有害金属 主な毒性 主な侵入経路
アルミニウム(Al) 認知機能低下 水道水、アルミ製品 カドミウム(Cd) 節々の痛み、腎障害 喫煙、排気ガス
アンチモン(Sb) 乾燥肌、脱毛 ペットボトル(特に青色) 水銀(Hg) 疲労、口内炎、免疫 大型魚、アマルガム
銀(Ag) 皮膚変色、記憶力 殺菌消臭剤、除菌品 ニッケル(Ni) めまい、金属アレルギー 喫煙、洋菓子
ヒ素(As) 酵素の働きを阻害 農薬、殺虫剤 プラチナ(Pt) 皮膚炎、聴力障害 医薬品、アクセサリー
バリウム(Ba) 筋力低下、不安感 殺虫剤、花火 鉛(Pb) 貧血、高血圧 排気ガス、毛髪染料
ベリリウム(Be) 脱力感、呼吸困難 電子部品 タリウム(TI) 吐き気、頭痛 土壌、海水
ビスマス(Bi) 無気力、不眠、頭痛 整腸剤、化粧品 トリウム(Th) 肺、膵臓障害 職業病、原子炉など

ミネラル&有害金属検査

  • ●オリゴスキャンで測れるミネラル20種類

    人間の身体は60種類以上の元素で成り立っており、そのうち酸素、炭素、水素、窒素が全体の96%を占めています。そのためこの4つを「主要元素」といいます。残りの4%を占めているのが「ミネラル(無機 質)」です。 このわずか4%のミネラルがバランスよく存在していない場合、健康を維持する事も、はては生命活動を維持することもできなくなるのです!

    ●過剰摂取に注意、バランスが大事

    ミネラルは健康維持に欠かせない重要な役割をして います。他の栄養素であるタンパク質、脂質、炭水 化物、酵素、ビタミンを摂取しても、ミネラルが無 ければそれらはうまく働くことができません。たと えば、カルシウムやマグネシウム、リンは骨や歯を 構成する主成分で、これらが不足すると骨が弱くなり折れやすくなります。銅や硫黄も骨や皮膚などの 成分や結合組織に必要です。鉄は血液中の酸素を運搬し、銅もヘモグロビンの生成に必要です。さらにはカルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウ ムが不足すると、けいれんや神経障害を起こすよう になります。 しかし、ミネラルは身体に必要だからといって適量 以上摂っていると過剰症になりさまざまな障害があ らわれます。たとえば、ナトリウムを摂りすぎると 高血圧や動脈硬化、脳卒中などの原因になります。 また、リンを摂りすぎるとカルシウムの吸収を阻害し、カルシウムを摂りすぎると鉄やマグネシウムの吸収を阻害します。このように、それぞれのミネラルはバランスが大切 です。

  • ●知らず知らず体内にたまる『有害金属』

    水俣病の「水銀」やイタイイタイ病の「カドミウム」が有名ですね。それ以外に毒性のある金属がいつの間にか体内に取り込ま れ落精している可能性があります。有害金属はミネラルの吸収を妨げ、酵素反応を阻害し、活性酸素を作り出し老化を早めてしまいます。

    ミネラルといっても全てが身体にとっていいものば かりとは限りません。中には「有害金属」と呼ばれる、身体に様々な障害をもたらすミネラルがあります。たとえば水銀、鉛、カドミウム、ヒ素、アルミ ニウムなど。これらは百害あって一利なしのミネラルです。 大量に水銀を摂れば水俣病を、大量にカドミウムを 摂ればイタイイタイ病を引き起こします。これらの有害金属は、土や水そして食品に含まれます。「有害金属」は身体にとって“毒”なのです。

注意事項

※ オリゴスキャンでの診察をご希望の方は、予約時もしくは受付にてお申し出下さい。
※ オリゴスキャンは自由診療になります。
※ 予約はオーソモレキュラーをご選択下さい。

診療案内

  • 2022年 10月
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    1
    2
    3
    4
    5

    休診日

休診日:月曜・木曜・日曜休診
ご予約の方を優先にしております。
土曜日はオーソモレキュラーによる栄養療法外来(要予約。自費診療)となります。詳しくはこちら
※ 最終受付は終了30分前までなっております。
※ 当院ではインフルエンザの判定検査は行っております。
※ 当院では予防接種は行っておりません。

アクセスマップ

〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通4丁目-4-8 タイムスビル7階
TEL: 078-599-9122 / FAX: 078-599-9390